sarara日記~オモイノママニ

奥明日香に暮らして40年が過ぎました

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年の抱負  


昨年末から、通い始めたヨガ教室で「今年の抱負は?」っていうのがあった
私は、何の躊躇もなく「お金もうけをする~♡」



ず~っと前を向いて走ってきたけど、この辺で顔をあげてあたりを見渡そうと思った。

。。。そう思って、さららの裏の畑へ上がってみると、9年目にして初めて出会ったこの瓦
長いことお待たせしました(^^)/

≪手前のぼやけているのは、誰かからもらった蝋梅。  
苗から植えたけど、全然花が咲かないのでとっくに捨てたと思っていたら、夫が、ここへ植えていた。
。。何や咲いてるやん!≫

_DSC0477 (640x424)

10数年になるかな?地域活性、奥明日香・・私が頑張れるのはもうここまで。
この後は、自分のための自分への活性をすることに決めた。

一人で、なんでやろ?、なんでやろ?((^^♪なんでだろう?~なんでだろう?。。♫ ではない)
と思い続けてきたけど、結局何の足跡も残せなかったなあ、
ただ、大切な奥明日香さららは残った。。。

この後は、足元も丁寧に見ながら楽しいことやりたいな
この子たちのことも考えねば

_DSC0485 (640x424)


一つだけ、あえて飛鳥川河川整備で良かったのかな?と思えるのは
こんな角度から、今年は綱掛の写真が撮れたことくらい。

大きく息を吸って~~吐いて~~!(^^)!

_DSC0490 (640x349)




スポンサーサイト

Posted on 2016/01/29 Fri. 20:48 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 2

小正月  


今日は、小正月。
いわゆる、年末年始にかけて、忙しく家族のために働いてきた
女性のためのお正月。。と聞いている。

嫁いできて、ず~っと1月11日は女綱の掛け替え神事で
1月14日は、とんど。

おくどさんのあったときは、とんどの火をもらって帰りそれをかまどの火種にして
翌日、小豆ご飯を炊いてお仏壇、神さん棚、お墓へと供えたものだ

≪本当は、小豆粥らしいが、うちはご飯≫
~自分で自分に感謝・・誰も言うてくれへん~

_DSC0405 (640x456)

とんどの火の粉に乗って、年の神さんが空へ帰って行かれる。。
ホンマかどうかは知らんけど、そんなことを思いながら、火を見ているのも楽しい

_DSC0366 (424x640)

≪おっとこ前な燃え方や! 力がもらえるな♡ ≫

_DSC0377 (640x424)

いっぺん帰ってもええけど、またすぐ帰ってきてくださいや~

_DSC0372 (424x640)

小豆ご飯をビワの葉っぱに乗せてお墓へ持っていくのも、今はもうしない
お仏壇と、神さん棚に供えるだけ



時代の流れで、
絶対ここは受け継いでいかなければならないこと、や
ちょっとづつ時代に合わせて変えていけばいいことなんかは
その都度考えればいいと思う

今生きている自分たちが、がんじがらめになるような風習は、
いいものばかりとは限らない


ただ、めんどくさいからというだけで
絶っていくことは避けなければいけないな

そのものの持つ意味を考えることをもっとしなければ

Posted on 2016/01/15 Fri. 11:07 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

第4回 野道を歩けば~春の七草観察  



10月から始まった「神奈備の郷活性化委員会」の取り組みとして
尾上先生を講師に招いて月一回実施している
「神奈備の郷~野道を歩けば~」

今回は、極寒の奥明日香を想定して、さららの店内で開催

楽しかったなあ!

尾上先生は、野草の知識もすごいけど、
万葉集と合わせての講義は、毎回ただただ感心して聞き惚れている



≪左から セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ≫

20160112_142244-1 (640x404)


≪一説ではスズナ、スズシロはこちらを指すのではないか?とも、、、≫


20160112_142315 (477x640)



今回は室内ということもあり
ムカゴ入りの手作りおはぎ(もちろん漉し餡も手作り)を作って持ってきてくれた

若干写真では、梅干しに見えないこともないが。。。(^^♪


≪ムカゴとともに≫

20160112_142807 (640x403)


今年は、初めて炊いた七草粥の知識も入ってたので
特に興味深かった。



いつも、綺麗でオシャレな尾上先生、後半もよろしくお願いします(__)

20160112_132308 (640x347)




≪ここからは少々愚痴っぽくなります≫

講義内容はこんなに素敵なのに、地元の人たちの興味をこちらへ向けるのはすごく難しい

今回は、地域住民に地元の良さを再確認してもらおうと企画したけど
またしても空振りに終わった


今迄、いくつかのカルチャー的なことを企画したけれど、
地域の人で(スタッフとしてではなく)参加しようとする人は無に等しい

今回参加費無料・・・しかも、ほんの近くで開催なのに。。
どんな企画なら来てもらえるんだろう?

でもこんな状態だから
いくらかの参加費用を払ってまで、って思わないよね?


う~ん、これからは地域の人たちに良かれと思って、骨を折るのはやめよう
誰も感じてくれていないのだからね、


もう、動ける時間はカウントダウンしてきているから、
自分とさららのために、骨を折る。。

今回のことで
やっと踏ん切りがついた(^^)/


もし最後まで読んでくださった方がおられたとしたら
長々と愚痴を聞いてくださって、ありがとうございました。



Posted on 2016/01/13 Wed. 09:40 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

穏やかな朝に  


少し前に、この冬には珍しく霜が降りたので撮りに行きました。

でもつい忙しさに紛れ、この日の投稿がなかなか出来ませんでした。

日本中どこにでもある、この素敵で平和な風景がいつまでも続いてくれますように。。。と

思わず祈ってしまいました

(どうしたんやろ?こんな人やなかったのに。。。私、大丈夫やろか?(。-_-。))


_DSC0266 (413x640)


またまた、直会倶楽部・宮司のお言葉より、抜粋

『・・・縄文時代は狩猟を中心として営みが行われたが、
定住型ではなかった

弥生時代に入り稲作が行われ、生活は定住型になり安定します。
が、同時に部族間の争いが起こるようになります。

現代の思考でみれば狩猟は不安定と理解します。

しかし、食料など皆で分かち合い協力して生きてきたから
物質的な不安定が、実は精神的安定をもたらしたのではないか、と思うと

今の時代を生きる者には多くの学びがあるように思います。・・・』




このあと、天皇陛下の四方拝の意味へと続きます




Posted on 2016/01/08 Fri. 14:11 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

四方拝  


特に、信心深いこともなく
檀家のお寺参りや氏神さんにお参りするのは
生活の一部であり、ここに住むからには外せないこと?と思ってるくらいである



信仰心を持つということは、なにか特別なことで
決められた宗教を信心するのは今まで少し抵抗があった。

これからも多分、一つの決まった宗教を信仰することはないだろう。


私の性格上、押し付けられるのが苦手だからかもしれない。



ただ、日本に生まれ日本人として、知っておきたいこと、
知っておいた方がいいだろうと思うことはある

そんな中、去年縁あって
丹生川上神社下社、皆見宮司のお話を
私は興味深くお聞きできた

そのあとも毎月送ってもらっている
「今月の宮司のお話」から、
覚えておきたい日本のことを
抜粋して書き留めておくことにしよう



≪丹生川上神社下社 宮司のお話より≫
四方拝とは、年の初めに皇居で天皇陛下が
うっすらと、新年初日が昇り始めたころ宮中の庭上に屏風を廻らせ、
東西南北に拝礼なされます


そして「過度我身」
その意味は今年四方から来る災い事はすべてわが身を通し
日本の国また国民に災いが少しでも穏やかになるようにと祈る言葉 です




Posted on 2016/01/07 Thu. 16:10 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。