sarara日記~オモイノママニ

奥明日香に暮らして40年が過ぎました

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第五回野道を歩けば~厳冬の冬景色 冬枯れ野  


残念ながら厳冬ではなかった
すごく寒かったけれど、雪が降るところまではいかなかった。


さて、回も重なり、五回目。
前回に引き続き、場所は「奥明日香さらら」



≪ロウバイ・ネコヤナギ・野イチゴ≫
私恥ずかしながら、このロウバイを老梅だと思っていた。
年をとった梅の木、つまり古木の梅のことだと思っていた

20160209_153101-1 (640x431)


今日の一品≪鯛のお刺身・ノビル・野イチゴ・梅≫

20160209_132355-1 (640x399)
20160209_131855 (640x360)



醤酢(ひしほす)に 蒜(ひる)つきかてて 鯛願ふ 我にな見せそ 水葱(なぎ)のあつもの
 ~酢醤油にノビルなど入れ、鯛に添えて食べようと思っている私に、そんななぎの煮物など見せるなよ~

なんか現代にも通じる庶民の会話、もっと深い意味があるのと違うのかな?



こちらは、≪山橘・ヤブコウジ≫~十両ともいう

20160209_132802-1 (640x397)


いろんなお喋りも交えて、やっぱり楽しいセミナーだった



そしてそれにも増して、ちょっと感動したのが
「大鳥の羽易の山・・・」

またまた、明日香に長~いこと住んでて全く知らなかったこと

私が、「あすかという字は、飛鳥より明日香の方がいいですね?」と言うと
講師の尾上先生が、「それはそうと、大きな鳥が飛んでくるように見える山を知ってますか?」
って言われた。

何を言われているのか、全くわからなかったので、駅まで送りがてら場所を教えてもらうことにした。



場所は、橘寺の門のところから見る山々
(説明の碑がある)

左側に、竜王山、三輪山、巻向山。。
三輪山が顔の部分になっていて、あとの山が両翼
本当にまっしぐらにこちらへ向かって飛んでくるように思えた

なんで今まで知らんねんな。。。



今日は、山が霞んでいて写真が撮れなかったので、もう少し季節が変わってから載せることにする

乞う、ご期待!

Posted on 2016/02/09 Tue. 22:27 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。